×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CB400Fはパーツをも作らせる存在情報!

CB400Fはパーツをも作らせる存在

カテゴリー :CB400F パーツ

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりました。
 そして、CB400Fの後退したステップと低いハンドルがカフェレーサーのスタイルそのものとして絶大な人気を誇っていましたね。
 今では、走り屋系のバイクでは50ccから大型バイクまで浸透している「バックステップ」というパーツがあります。
 このパーツは、純正のステップの位置を、少し後ろに後退させるアダプターのことを言いますが、このバックステップが作られるようになったのはCB400Fがきっかけとも言われています。
 バックステップはバイクでコーナーを攻めた時、バイクを出来るだけ横に倒して遠心力と戦いますよね。その際に、バックステップが威力を発揮します!位置が少し上になり、後ろの方になるので体全身を使って体重移動がしやすく、ステップが地面に接触してしまう限界点を高くしてくれます。これがCB400Fは純正となっていました。
 走り屋の方々にはいいこと尽くめなのです!
 それから各メーカーやチューニングパーツメーカーでもバックステップというパーツを意識しここまでに至ったという事です。
 CB400Fはパーツを作らせてしまうほどに、バイク業界全体に影響を与えるほどの存在感だったのですね。

コラム > CB400Fはパーツをも作らせる存在について書かれています。

cb400fのころのホンダはこうでした

カテゴリー :cb400f ホンダ

cb400fを発売した頃のホンダはどんな会社だったでしょうか。
cb400fは1974年12月に発売されましたが、その年の前後はホンダにもいろいろなことがありました。

まず1972年には、アメリカ合衆国で「世界一厳しい」と言われた排気ガス規制「マスキー法」を「CVCC」というエンジンで世界で初めてホンダがクリアし、シビックを売り出しました。
マスキー法は、これをクリアする会社はないとまで言われた厳しい排気ガス規制でしたが、日本の中小メーカーであったホンダが最初に達成したということで大変な話題となりましたね。

翌年の1973年には、ホンダの創業者である本田宗一郎社長と藤沢副社長が退任し、2代目の社長として河島喜好が就任しました。

そして1974年のcb400f発売とつながります。
ただ、この年は自動車メーカーとして軽自動車部門からは一時撤退しています。排ガス規制でシビックが売れる中、軽自動車ではなくコンパクトカーを売っていこうという戦略でした。

ホンダといえばレースですが、このころはオイルショックの影響も大きく、「速く走れば良い」という時代ではなく、「以下に燃費を抑えて排ガスもキレイにするか」がポイントだったため、レースへの参入は中止し省エネタイプの研究に力を入れていました。

cb400fはコストの関係もあり、3年ほどの短い期間しか発売されませんでしたが、こんなホンダのこだわりが随所に見られる名車でしたね。

コラム > cb400fのころのホンダはこうでしたについて書かれています。

cb400f レストアして乗る!

カテゴリー :cb400f レストア

cb400fは免許制度改正の為、408ccと398ccと2種類排気量のFourが存在します。
普通2輪免許の方が408ccを間違えて購入しても、無免許になってしまうので、注意しなければならないですね。
408ccと398ccの見分け方は細かく言えば色々あるのですが、何ヶ所かの簡単な見分け方を掲載しておきます。
見分け方
● エンジンの排気量刻印。これではっきりしますよね。
● 書類のリッターを参照.。
● スイングアーム。(後輪を支えているフレーム)
● フレームの形状。
現存するFourのほどんどが輸出仕様のもだそうです。
1974年〜1977年というに短い生産期間の為、現存する国内仕様が本当に少ないのが現状です。しかし、近年旧車ブームにより、その昔HONDAより世界へ旅立ったcb400f達が業者達の手により、世界で走り、そして20数年ぶりに彼等は日本に戻ってきています。輸出した国により、パーツの使用が少しずつ違うので注意知る必要があります。
基本なポイントで気をつけたいのが、スピードメーターです。表示が【km】表示ではなく【マイル】表示の物があります。これは車検、登録出来ないので要注意して下さい。km仕様のスピードメーターを購入(国内メーカー絶版)付け替えをして登録しましょう。メーター等、部品の探し方は、大手のバイク業者や雑誌、オークション等で気長に探すしかないです。ただし、絶版していない部品を高値で販売等してる場合がありますので、まず近所の単車屋さんに聞いてみましょう!

ちゃんとレストアする事が出来る方なら、古いものでも、外国から戻ってきたものでも、十分楽しむことができると思います。
でも、できるだけ、しっかりした信用の出来る店を探した方がいいでしょうね。
やはり25年以上経っているバイク、選ぶだけでもある程度の知識が必要ですし、レストアがキチンできない人は無理かもしれませんネ。

コラム > cb400f レストアして乗る!について書かれています。